小学校の頃にマニアになった訳、それは「消しゴム落とし」だ

小学校の頃に下部になった仕打ち、それは「消しゴム落とし」だ。瞬間なんともブームになりました。ハウツーは、大き目の飯台の上に自分の消しゴムを置いて、それを指で弾いて対象の消しゴムに当て減らす遊びだ。自分の消しゴムも落ちてしまうと無効になるので、配慮が要点でした。ぐっすり休み時間にやっていました。実に楽しかったですね。こういう遊びのために、消しゴムを買い求めるやつもいました。消しゴム落としで有利な消しゴムは、おっきい消しゴムが買い得だったのを覚えています。高い消しゴムだと、当てても断じて貫くんですよね。僅か卑怯だ。あとは感じ注視のやつもいました。フォルム素晴らしい消しゴムやかわいい消しゴムですね。自分はというと、明るい熊の消しゴムで勝負していたのを覚えています。自分自分の消しゴムに愛着があるので、夢中になるわけです。消しゴムを指で弾くときに手の内名称を言ったりしましたね。「かめはめ主流」とか「くらえ~」とか(笑)。現時点思うと侘しいですね。名古屋の人気脱毛サロンはここ